Home Japan
  海外事例(英語)
製品情報
サポート&サービス
ニュース&イベント
会社概要
お問い合わせ   Japan
 
製品情報  
 
エアボーン・センサー
 
 
GPS/GNSSシステム
 
 
HDS レーザースキャナー
 
 
レーザー距離計
 
 
Laser Tracker Systems
 
 
建築・建設用レーザー機器
 
 
Leica Captivate
 
 
Leica FlexLine plus
 
 
Leica iCON
 
 
Leica Nova
 
 
Leica Viva
 
 
レベル
 
 
 オート (光学式) レベル
 
 
 スマートレベル&デジタルレベル
 
 
  Leica Sprinter 150(M) / 250M
 
 
マシンコントロール
 
 
モバイルマッピング
 
 
モニタリングソリューション
 
 
MultiStation
 
 
セオドライト
 
 
トータルステーション (TPS)
 
 
ソフトウェア
 
 
アクセサリー
 

Leica Sprinter 150(M) / 250M

Leica Sprinter Onboard Software
    dH高低差/比高 (Sprinter150/150M/250M):
ベンチマークからの高低差(比高)を計算し、測定と同時に結果を表示します。ベンチマークの標高値をGLとして入力すれば高低差(比高)のみならず測点の高さを標高値でも表示します。
     
    路線測量(Sprinter150M/250M):
水準測量や縦断測量ではプログラムの路線測量を選択すれば、ベンチマークからスタートし終点までの間のすべての後視点(B)、前視点(F)および作業によっては中間点(I)が点の属性(B,FまたはI)と共に正しい順序で記録されます。
     
    測設/高さの杭打ち(Sprinter150M/250M):
ベンチマークの高さと測設点の高さを入力すると、測定の都度基準に対して低ければ+で盛り土量を。高ければ-で切り土量を表示します。