Home Japan
  海外事例(英語)
製品情報
サポート&サービス
ニュース&イベント
会社概要
お問い合わせ   Japan
 
製品情報  
 
エアボーン・センサー
 
 
GPS/GNSSシステム
 
 
HDS レーザースキャナー
 
 
レーザー距離計
 
 
 Which DISTO™ is the right one?
 
 
 Leica 3D Disto
 
 
 Leica DISTO™ S910
 
 
 Leica DISTO™ D810 touch
 
 
 Leica DISTO™ D510
 
 
 Leica DISTO™ X310
 
 
 Leica DISTO™ D210
 
 
 Leica DISTO™ D2
 
 
 Leica DISTO™ D110
 
 
 Leica DISTO™ Packages
 
 
 Leica DISTO™ Apps
 
 
Laser Tracker Systems
 
 
建築・建設用レーザー機器
 
 
Leica Captivate
 
 
Leica FlexLine plus
 
 
Leica iCON
 
 
Leica Nova
 
 
Leica Viva
 
 
レベル
 
 
マシンコントロール
 
 
モバイルマッピング
 
 
モニタリングソリューション
 
 
MultiStation
 
 
セオドライト
 
 
トータルステーション (TPS)
 
 
ソフトウェア
 
 
アクセサリー
 

レーザー距離計

製品概要
 
消費生活用製品安全法に基づき、 経済産業省への届出を行い、 技術基準適合義務を果たした製品 (特定特別製品 携帯用レーザー応用装置):  ライカ ジオシステムズの革新的オリジナル・レーザー距離計 Leica DISTO™は、レーザー距離計唯一のISO規格に準拠した測距精度、チルトセンサー、3次元座標情報取得 (S910のみ) により、建築、建設、生産管理、設備管理、不動産、研究機関等において、選択されています。1993年に世界初のレーザー距離計を発表して以来、現在では、Bluetooth内蔵 (S910, D810 touch, D510, D2, D110)、WLAN内蔵 (S910) 、3次元座標測定や各間接測定等の最新の機能を次々と市場投入しています。
Leica DISTO™の保証規定については、Protect by Leica Geosystems をご参照ください。
サポート&サービス -> アクティブ カスタマーケア -> Protect by Leica Geosystems

・ライカ ジオシステムズ株式会社より販売されるLeica DISTO™ シリーズ全機種は、計量法 (メートル選択/表記のみ: 経済産業大臣の認証を受けた製品以外の inch/ft/yard を選択できる製品の販売、陳列は、計量法違反となります) を遵守した製品です。
・S910 / D810 / D510 / D2 /  D110 は、日本電波法 (無線機器の工事設計認証取得済) を遵守した製品となります。それ以外の製品に関しては、ライカ ジオシステムズ株式会社では、故障時などにおけるサポートは、一切、受け付けておりません。
・S910 / D810, D510, X310, D2, D210, D110 は、測距精度と範囲の国際標準規格 (ISO 16331-1) 適合製品です。
・間接測定結果(S910 のP2P測定、S910 / D810 touchの画像を使用した測定等)は、測定時のオペレーションや計算結果から誤差が生じる可能性があります。高い精度が要求される際は、弊社3D DistoやTPS製品の選択、使用を推奨します。
・標準測定交差の詳細は、ユーザーマニュアルを参照ください。
製品を選択してください:
Leica 3D Disto
ハイプレシジョン・高精度3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto は、従来の測定ツールでは多大な時間や労力を費やしてきた現場で選択されてきました。実装される様々なソフトウェア・ファンクションを駆使して、全ての空間情報を正しくレコードし、その測定データを普段からお使いのソフトウェアで編集が行えます。測定した正確なデータは、たとえば、パーツの製造過程においてダイレクトにデータを使用できます。型版や修正の工程でしばしば発生する手戻りコストは計り知れません。長年抱えるこれらの問題を、デジタル化したワークフローで解決します。  もっと見る
Leica DISTO™ S910
3D情報を取得できる、世界初のレーザー距離計: 移動することなく、1つの地点から2点間測定をすばやく、正確に実現することが、レーザー距離計 Leica DISTO™ S910によって可能になります。アズビルド・ドキュメントも難なく行え、屋根の寸法計算、3次元視覚化のBIMやCADソフトウェアへのデータ統合も可能です。ワークフローの一新によって、貴重な時間や費用の削減を実現 - 測距距離は最大300mまで伸びたことにより、レーザー距離計測距に影響を及ぼす太陽光による影響を大幅に改善することに成功しています。(X-Range)  もっと見る
Leica DISTO™ D810 touch
World’s first - Leica DISTO™ D810 touch: 世界初のタッチスクリーン・レーザー距離計によって、スムーズに直観的なオペレーションが可能になりました。最新の革新的機能は画像を使用した測定です。内蔵カメラによる測定場所の撮影、USBインターフェイスによるコンピューターへのダウンロードも可能です。また、日本語化・アップデートされている専用アプリ"Leica DISTO™ sketch"(無償)は、さらに機能も充実しています。  もっと見る
Leica DISTO™ D510
Leica DISTO™ D510 で、屋外での現場調査を特別な準備もなく実施できます。ユニークなコンビネーションであるデジタル ポイント ファインダーと360°チルトセンサーは、いままでのやり方では測れなかった長さの測定を可能にしています。さらに、Bluetooth® Smart と魅力的な無償アプリ "Leica DISTO™ sketch" を使って、オフィスへ「電子メモ(写真付き)」のメール送信も可能です。  もっと見る
Leica DISTO™ X310
標準測定範囲が、80mから120mに!Leica DISTO™ X310は、じんあい、噴流から製品を保護し(電気機器器具の保護等級IP 65)、2mからの落下にも耐えうる堅牢設計のレーザー距離計です。内蔵の360°チルトセンサーと測距結果から、手が届かない所の高さや長さを、上下2点の測定により間接的に測定します。  もっと見る
Leica DISTO™ D210
コンパクトでハンディな Leica DISTO™ D210 は、多くのファンクションを備えながらも、操作がカンタンな製品です。加算、減算、面積、体積測定等、すばやく、確実に行えます。測定結果の最後の10件は自動保存されます。  もっと見る
Leica DISTO™ D2
Leica DISTO™シリーズの長年のベストセラー製品が、ライカ ジオシステムズの最新測距テクノロジーとともに新しくなり、測距範囲も100mまで伸長しました。 Bluetooth® Smartによって、測定データはスマートフォンやタブレットに測距と同時に転送されます。多機能エンドピースのセンサーによって、測距基準を自動的に検知、測定エラーに起因する甚大な費用支出を未然に防止することができます。  もっと見る
Leica DISTO™ D110
世界最小のBluetooth® Smart technologyを内蔵したレーザー距離計 Leica DISTO™ D110: 正確な測距結果をもとに、フロアプランやスケッチをスマートフォンやタブレットにインストールした専用アプリ Leica DISTO™ sketch に作成することができます。インテリアデザイナー、塗装業者、建築に従事するあらゆる方が、Leica DISTO™ D110 によって、仕事を難なく、正しく進められることとなるでしょう。  もっと見る
Leica DISTO™ Apps
ライカ ジオシステムズのスマートアプリは、Bluetooth® 内蔵の Leica DISTO™ (D810 touch / D510 / D110: Bleutooth 4.0、D3a BT: Bluetooth 2.0)とスマートフォンやタブレットPC間の理想的なインターフェイスです。アプリ上の描画スケッチや写真へ、測定結果を測定と同時にモバイル端末へ転送、あるいは、測定結果を表計算ファイルへ転送も可能です。これらのデータは、オフィスへ現場から直接、メール送信することができます。手書きメモから、デジタルメモへ移行することで、ワークフローをシンプルに進めることができます。また、disto transfer は、Windoes PCへデータ転送が行えます。S910のWLAN接続では、3次元データの転送、CADソフトウェアのPluginも行えます。  もっと見る
Leica DISTO™ Packages
Leica DISTO™ carrying case Leica DISTO™と用途に応じた製品・アクセサリー付属のパッケージのコンプリート版です。 S910のP2P測定や、D810 touchの写真を使った測定やチルトセンサーによる間接測定(S910にもあり)時には、アダプターと三脚を使用して測定することを推奨します。  もっと見る