Home Japan
  海外事例(英語)
製品情報
サポート&サービス
ニュース&イベント
会社概要
お問い合わせ   Japan
 
 

Leica GS18 T – 世界最速 GNSS RTK ローバー

電磁障害を排除し、キャリブレーションも不要 - 水平に気を配る必要はありません
 
 
Leica GS18 T は気泡管を確認してポールを垂直に支える必要はありません。GNSS と IMU (慣性計測装置)を融合した最新テクノロジーは初めての真の2軸コンペンセータで、電磁障害を排除しキャリブレーションも不要です。
 
世界最速の操作性の高いGNSS スマートアンテナ、RTK ローバー Leica GS18 T では、気泡管を確認してポールを垂直に支える必要はありません。GNSS と IMU (慣性計測装置)を融合した最新テクノロジーは初めての真の2軸コンペンセータで、電磁障害を排除し、また、キャリブレーションの必要はありません。

気泡管の水平に気を配る必要がなくなったことで作業だけに集中することができ、計測時間が短縮できます。作業が中断されることがなく、また、金属物に囲まれている、あるいは近くにある場合でも正確な位置情報を得ることができます – つまり、既存の機器では計測不可能だった場所でも計測が可能になります。キャリブレーションが不要な GS18 T はケースから取り出せばすぐにご使用になれます。

魅力的なソフトウェアを搭載

GS18 T RTK ローバーはソフトウェア Leica Captivate とシームレスに連携し、パワフルな没入型エクスペリエンスを体現することができます。使いやすいタッチパネルとシンプルなデータ管理で非常に快適な作業環境を提供します。GNSS またはトータルステーション、あるいは両方を使用している場合でも、Leica Captivate は指先の簡単な操作でさまざまな現場をサポートします。

無限の可能性

Captivate が現場でデータを取得・モデル化するのに対し、オフィスでは Leica Infinity を使用します。スムーズにデータが転送されるため、プロジェクトは確実に進行していきます。Captivate と Infinity が連携して既存の測量データを統合してはやく効率的にプロジェクトの計測結果をまとめます。
高い統合品質の GNSS RTK ローバーは計測中のポールの水平を記録し、高品質のトレーサビリティとクオリティレポートを生成します。

クリック1つでつながるサポート

クリック1つでアクティブカスタマーケア (ACC) にアクセスして、経験豊富なプロフェッショナルのサポートを受けることができます。高い技術サービスで作業の遅れをなくし、質の高いサポートによって繰り返し現場に出向くリスクを回避し作業を早く終えることができます。最適化したカスタマーケアパッケージ (CCP) によってプロジェクトのコスト管理が可能になり、安心してプロジェクトを実施することができます。

パワフルなハンドヘルドデバイス

コントローラーやタブレットにオフィスをのせて現場に出かけましょう - 困難な環境でも指先で簡単に作業が進められます。Leica CS20 コントローラーおよび Leica CS35 タブレットは、機動性、利便性、そして管理のしやすさを同時に実現します。Leica Viva GNSS はタッチパネルテクノロジーを採用し、リアリティのある 3D ビューにより、快適で迅速なデータ処理を可能にします。