Home Japan
  海外事例(英語)
製品情報
サポート&サービス
ニュース&イベント
会社概要
お問い合わせ   Japan
 
会社概要  
 
会社概要
 
 
ミッションと企業理念
 
 
採用情報
 
 
個人情報保護方針
 
 
Leica DISTO™ History
 

Leica DISTO™ History

Success Story of Leica DISTO™
ライカ ジオシステムズが世界初の携帯型レーザー距離計を発表してから、20年の月日が経ちました。以来、わたしたちは、最新の測定による生産性向上のスタンダードをつくり続けています。

 

1993
測距における革新 - ライカ ジオシステムズは、世界初の携帯型レーザー距離計をフランス、Batimatで発表、Batimat Innovation Prize を受賞しました。Leica DISTO™ 第一世代の驚くべき特徴は、堅牢性、信頼性、そして、精度でした。


 

1994 
DATA Leica DISTO™ GSIとDATA  Leica DISTO™ RS232は、電子セオドライトとPC間のデータ交換を可能にしました。

Leica DISTO™は、再度、Batimatにおいて、BPF1で第一位の表彰を受けました。


 

1996 
Power Leica DISTO™は、日中でも長距離の測定を可能になりました。


 

1998
第2世代Leica DISTO™ basic - 技術的にもデザイン的にも、大きな飛躍を果たしました: ドイツのSDRCでは、第二位を獲得、フランスでは、再度、"Medaille d’Argent" を獲得しました。


 

 

1998 
Leica DISTO™ memoとpro – データ保存とアプリケーション機能が追加されました。再度、測定における革新をもたらします。データ保存を1,000件できるLeica DISTO™ memoを使った知的な測定が可能になりました。Leica DISTO™ proには、多くの測定機能が追加されています。Leica DISTO™ proは、実用的なアプリケーションと高精度な測定が可能になりました。携帯型レーザー距離計の最上位機種であるLeica DISTO™ proは、測定データの保存やオンラインオペレーションのためにも使用されました。

 

 

1999
Leica DISTO™ classic3 – 目標設定、照射、測定。携帯型レーザー距離計のさらなる大躍進をもたらしました。携帯型レーザー距離計の先駆として、第三世代のLeica DISTO™ classic3は、Leica DISTO™ proに代わる新たな一歩です。市場で重要視されるLeica DISTO™ basicの信頼性、使い勝手、精度を全て引き継いでいます。主な機能向上点としては、小型化、軽量化、測定時間短縮、そして低価格化です。Leica DISTO™ classic3は、非常に堅牢な作りで、距離測定も、30mから100m以上まで可能になりました。


 

2001 
再々度、ライカ ジオシステムズは、新しいスタンダードを打ち立てました。アルファベット、番号入力キーパットが可能なレーザー距離計です。これまでの多くの経験から、新世代機は、更なるマイルストーンを打ち立てます。4世代目は、Leica DISTO™ classic4、Leica DISTO™ pro4、Leica DISTO™ pro4です。


 

2002 
測定がここまで簡素化されたことがあったでしょうか。ライカ ジオシステムズが発表した第五世代製品は、2つのユニークなファンクションを備えています。Leica DISTO™ lite5とLeica DISTO™ classic5です。この2機種によって、いままでよりも大幅に測定作業が簡素化されました。測定時間も大幅に短縮されました。Leica DISTO™ "lite5"は、わかりやすいダイレクトキーによって面積や体積の測定が可能になり、Leica DISTO™ "classic5"は、ソフトタッチキーボードを採用、内蔵光学ファインダーで屋外の長距離測定を可能にしました。

マーケットリーダーとしての長年の経験は、信頼性向上の貢献に大きく役立ち、これによって、ライカ ジオシステムズは、2年保証制度を確立することができました。


 

 

2004 
Leica DISTO™ plusは、世界で唯一の最高精度、魅力的なデザイン、そして、Bluetooth®によるワイヤレスデータ転送を一つのパッケージとして備える製品です。測定データは、PDA (ポケット PC) やノートPCへワイヤレス転送が行え、データをPC上で容易に行えるようになりました。そして、2つの無償ソフトウェアによって、ワークロードを簡素化することにも役立ちました。"PlusDraw" は、ポケットPC上で、測定結果を用いたスケッチができ、グラフィックファイル (bmp) をPCへ転送、測定結果は、Excelファイルに保存することも可能となりました。"PlusXLS" は、測定結果を瞬時にExcelの表へデータ転送することが可能に、そのデータを計算ソフト上で使用することができるようになりました。ライカ ジオシステムズは、測定に関わるアプリケーションを提供し続けています。


 

2004 
Leica DISTO™ classic5a: 測定時間の短縮、精度、そして緑色カラー。携帯型レーザー距離計Leica DISTO™の10周年として、ライカ ジオシステムズが発表しました。それまで販売していたLeica DISTO™ classic5をベースに、±1.5mm精度(標準偏差)を達成しました。10周年を飾るべく、緑色カラーハウジングで販売をしました。


 

 

2005
Leica DISTO™限定版 – レーザー距離計の先駆者であるライカ ジオシステムズは、累計750,000台発売を記念して、限定版を発表しました。10,000台の限定発売品で、ライカの赤の限定色バージョンでした。Leica DISTO™ special5は、正確で、使い勝手のよく、快適に測定作業が行えるバージョンでした。


 

2005 
スモールサイズ: Leica DISTO™ A3
Leica DISTO™ A3は、製品サイズ、使いまわし、使い勝手において、革新的製品 – 市場最小モデルのレーザー距離計です。サイズが小さくなったことで、ポケットに入れて持ち運びができ、さらに、長距離測定の精度も上がりました。


 

 

2005 
Leica DISTO™ A5: あらたなスタンダード
実用的なファンクションによって、日々の測定作業の時間とコストを削減、コンパクトなサイズと200mまでの測距が可能になったモデルです。Leica DISTO™ A5は、レーザー距離計の製品デザインや使用方法においても、新標準をつくりました。


 

2006
Leica DISTO™は、さらなるマイルストーンをつくりました – はつの屋内専用モデルのLeica DISTO™ A2です。


 

 

2006
Leica DISTO™ plusの後継機種として、Leica DISTO™ A6が発売されました。このモデルは、市場で認められたLeica DISTO™ A5の全機能とLeica DISTO™ plusの機能を備えたモデルです。測距の最高精度だけでなく、ワードやエクセル、AutoCAD等のソフトウェアへ無線転送できるBluetooth® Technologyが内蔵されました。

 

 

2006 
Leica DISTO™ A8 - Leica DISTO™ファミリーのトップモデルです。世界初のデジタルファインダー(3倍ズーム)とチルトセンサー内蔵のレーザー距離計です。Leica DISTO™ A8では、いままで測定が困難であった環境下での測定が、たとえ、レーザードットが視認できなくても測定が可能になりました。屋外での測定作業の幅が大きく広がりました。


 

 

2007
Leica DISTO™ D3は、多機能ながらも、シンプルで素早く、信頼度の高い測定を可能にした製品です。測距精度は、±1mm – 間接測定も可能 – 角度も測定、正確な結果を表示します。Leica DISTO™ D3はデザイン上でも小型化に成功し、世界最小のレーザー距離計となりました。ポケットに入る大きさでありながら、高い精度の測定が可能な製品です。

Leica DISTO™ D3は、Red Dot Design Award 2007を受賞しています。


 

2007
ライカ ジオシステムズの製品は、高い品質管理を満たすだけでなく、日々の現場作業をサポートするように設計されています。さらに安心して使用いただけるように、購入日から8週間以内に、www.leica-geosystems.com/registration にて製品登録をすると、1年間の保証延長(合計3年間)を受けることができるようになりました。


 

 

2008 
Leica DISTO™ D2は、ライカ ジオシステムズのいままでの知識、ノウハウや革新の結果といえるでしょう。小さく、手のひらサイズのモデルは、屋内用として開発されました。開閉式エンドピース、面積・体積測定を呼び出すショートカットキーは、測定作業を短時間に確実なものとしました。これほど、測定作業に手間がかからなくなったことはないはずです!

 
 

 

2009 
世界初: レーザー距離計と最先端技術追求への15年間の経験によって、Leica DISTO™ D5は開発されました。デジタルポイントファインダー、高解像度2.4インチカラーディスプレイ、チルトセンサーが内蔵されたモデルです。これらの機能は、全ての測定ファンクションと併用でき、Leica DISTO™ D5が本当の意味で世界初の機能を備えた製品であることの裏づけとなりました。

 

 

2009
再度、世界初: Leica DISTO™ D8 – もっとも多彩な機能を有するレーザー距離計です。デジタルポイントファインダー、高解像度2.4インチカラーディスプレイ、360°チルトセンサーが内蔵され、Leica DISTO™ D8によって、測定作業は全く新しい領域へ踏み出しました。


 

 

2010 
Leica DISTO™ D3a - Smart Horizontal Mode™付きレーザー距離計。エンドユーザーとの協働開発によって実現した、ライカ ジオシステムズがいままで培ってきた精度を用いて、実用的な機能を多く備えています。距離と角度測定結果から、多くの新しい測定方法が生まれました。Smart Horizontal Mode™を使うことで、水平距離が簡単に正確に算出されることは、特筆すべき機能です。


 

2010 
Leica DISTO™ D3a BT - Smart Horizontal Mode™付き、Bluetooth® technologyを内蔵したレーザー距離計。市場に認められたD3aの機能と、Bluetooth®経由の無線データ転送機能が組み合わされたモデルです。測定結果は、無線で確実にポケットPCやPCへ送信されます。


 

 

2010 
Leica DISTO™ DXT – 十分過ぎる堅牢性モデル!多くのレーザー距離計メーカーが丈夫さを謳っていますが、ライカ ジオシステムズが考える領域までの堅牢性を有したモデルはありません。Leica DISTO™ DXTは、世界で唯一の耐じんあい、耐噴流のIP65モデルです。


 

2012 
Leica DISTO™ D210は、小型のエントリーモデルです。スイスで設計・開発され、ヨーロッパで製造され、標準測定交差±1.0mmを実現し、高い品質スタンダードを満たす製品です。多くの実用的機能と、使い勝手よく設計されています。


 

 

2012
Leica DISTO™ X310 - 本当の頑丈で、多彩な機能を有するレーザー距離計。IP65をクリアした唯一のレーザー距離計。さらに、2mの高さからの落下試験にも合格しています。内蔵チルトセンサーによって、正確に間接測定結果を得られ、高さの測定も可能です。

 

 

2012 
国際規格ISO16331-1は、レーザー距離計の新しい基準となります。外部の独立したエキスパートとの協働で、ライカ ジオシステムズは新基準の策定関わりました。これにより、レーザー距離計が一定の基準で生産され、どのような試験をされた製品か比較する「尺度」が出来上がりました。


 

 

2012 
Leica DISTO™アプリは、オフィスと建設現場の垣根を取り除く方法です。Android用アプリ、”Leica DISTO™ sketch”と”Leica DISTO™ transfer”は、Bluetooth®付きLeica DSITO™とスマートフォンやタブレット間の理想的なインターフェイスを有しています。

 


 

 


2013
Leica DISTO™ D510によって、屋外での測定が簡単な操作で、難なく終えることが出来ます。ポイントファインダーと360°チルトセンサーのユニークなコンビネーションは、従来の方法では測ることができなかった場所の長さも測定が可能になりました。また、Bluetooth® smartと無償アプリを使うことで、新しい測定作業を体験できるでしょう。



 

 


2013
The Leica DISTO™ D810 touchは、世界初のタッチスクリーンと"画像を使った測定"が可能になったレーザー距離計です。この機能によって、測定、文書化、コミュニケーションのためのユニークで革新的なソリューションを提供します。あたらに開発された "画像を使った測定" は、内蔵のカメラを使い、アクセスできない測定対象の直径や幅、面積を測定することができます。カメラによってプロジェクトの文書化を新しい方法で実施し、写真の撮影、画像のダウンロードも可能です。最新バージョンの Leica DISTO™ sketch アプリは、図面描画や複雑な測定タスクをスムーズに進められるようにデザインされています。

Leica DISTO™ D810 touch は測定だけでなく、文書化のスマートなソリューションを提供します。



 

 


2015
Leica DISTO™ S910 - ライカ ジオシステムズが開発したまったく新しいレーザー距離計です! As-build (アズビルド) 文書化、屋根の寸法測定、BIMやCADソフトウェアへのデータの取り込みなどが可能になります。 –Leica DISTO™ S910 は、本体を設置した1ヶ所から、2点間の距離の測定をすることができます。どこからでも測定 - 形状に関わらず、複雑なデザインであっても、実際に測定対象までアクセスできなくても、測定が行えます。

P2P (point-to-point) Technology で、いままで測れなかった長さを測定できます。